2008年06月16日

危険だった週末

土曜日。
いつも変わらない楽しい週末の始まりでした。

昼前に買い出しに行き、リロとマロにガムとおもちゃを買いに行き。
よく吸う新しい掃除機も買いに行きました。

帰ってきて昼過ぎ。
マロが家族になってから与えてなかったガム。
リロは普段から歯ブラシで歯磨きをしてるんですが、最近口臭もするしストレス予防にと久しぶりにガムを与え、歯が生え変わったマロにもあげました。

が!!

細かく砕けるガムなんですが、必要以上にクチャクチャ噛むマロ。
そして小さくなった物を飲み込んでしまったのか・・・
急に吐き出して、いつもの吐くとは違いとにかく吐く吐くがく〜(落胆した顔)
あげく歩きながら吐き、歩きながら失禁しましたどんっ(衝撃)

「普通にオシッコする体勢じゃない時の失禁は危険信号だよexclamation×2
って気付いて、マロに呼びかけてもいつものマロの反応は全く無く。
クッタリしてしまった・・・あせあせ(飛び散る汗)
予定を直キャンセルし、病院に電話をしてすぐに向かいましたダッシュ(走り出すさま)

病院に着いて直に診察。
喉に何か引っかかってるみたいで直にレントゲン。
気管支の手前に何か押さえつけられてる感じで、先生が上手に何回も吐かせてくれたけど出ず・・・
余計マロの体力が消耗されるだけだったし、来た時より悪化してた。
もうその姿を見た瞬間泣き崩れてしまったけど、旦那が「大丈夫や!」としっかりリロを抱いて先生の話を聞いてくれた。

「これ以上だとマロちゃんの体力の危ないので麻酔をかけ内視鏡で取り除く方がいいと思われます」

と先生に言われたけど、麻酔・・・麻酔の怖さは勉強してるし、けど。
迷ってる暇は無かった。
先生に全てを託して、急遽緊急処置に入りました。

ガラス扉で中の様子も見れるし、看護士さんが3人もついて4人・5人がかりで素早い処置をしてくださりました。

気管支にベッタリ張り付いてたのが内視鏡で胃の運ばれ、取ろうとしても砕けてしまうので。
これ以上麻酔の時間を長くするより、マロの消化にかける事になりました。
とりあえず気管支と喉(食道の入り口)のが取れたので大丈夫だろう。
後は麻酔から覚めて1時間後に来てくださいと言われました。
麻酔覚めた後、何かあった場合に備えてマロは一度お預かりしますと言われました。

家に帰ったら・・・マロがいないだけで寂しかった。
リロは「あれ?マロは?」と探すし、「マロちゃん痛い痛いしてたやろ?今病院にいるから家にいないねん」
リロは寂しそうにソファで横になったけど・・・リロが元気ない。

1時間後3人で直に迎えに行ったら
マロは私達を見た瞬間「あ!!」って顔して喜んだ顔(泣)
いつものマロだぁぁぁぁぁぁもうやだ〜(悲しい顔)
リロも病院に再度行ったらまだ元気なくって、マロ見た瞬間顔の表情が変わった。

この日は点滴で、次の日の朝から食事OKでその時消化を助けるお薬を一緒に飲んでガムを消化させる事になった。

帰った後は疲れたマロを安静にとの事だったので、すぐお布団をひいて寝かせた。
リロは嬉しくて遊びたいけど「今日はマロちゃん痛い痛いしたからしんどいねん」と説明すると仲良くそばで一緒に寝てた。

この日は喉に内視鏡も入れてるのでゲホゲホするし、夜中に吐いたら気付いてやりたいし私は徹夜で見てた・・・
寝ながらケホケホしたらさすってやってたら、ケホケホだけでリロまで心配してマロを覗きにきてた顔(笑)

200806150949000.jpg

再び同じ姿で寝てる2人を見て改めて幸せと感謝でいっぱいです。

日曜日にはマロは何事もなかったかの様に元気にリロと遊び。
食欲も相変わらず旺盛あせあせ(飛び散る汗)
マロが大好きな私の兄貴も心配して仕事の合間様子を見にきた・笑
沢山の人にも心配頂いて
「あぁ、沢山の人に愛されてる」
と思うと感謝でいっぱい嬉しさで一杯でした顔(泣)

今も仲良くお昼寝してる2人。
あんな小さいのによく頑張ったね、マロ。
あんなに小さいのに家にいない数十分だけでも寂しい存在だよ、マロ。
リロも小さい頭で理解して本当に優しいお姉ちゃんに成長したね。

今回ちょっと目を離した隙の出来事・・・
本当にごめんね。直に気付いたから良かったけど、少しの時間でも苦しい思いさせてごめんね。
もっともっと気をつけなきゃ。本当に人の子と同じです。
これからガムは中止。手作りお菓子でガムの代わりになる物を作ってやろうと思います。

コメントも沢山頂いてるのにお返事遅くなってすみません。
必ず返事させていただくのと、お友達になっていただいた方のブログにも遊びに行かせて頂きます。

下これからも応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

ニックネーム リロママ at 14:06| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする